1918年のカレンダー

今月のカレンダー

1918年大正7年の二十四節気

1918年大正7年の二十四節気の一覧表です。六曜と日干支も出しています。

1918年大正7年の七十二候の一覧

1918年大正7年の暦の一覧(雑節、節句の行事、月干支など主要な暦)

1918年の仲秋の名月はいつ?

1918年大正7年の二十四節気

二十四節気 日付 日干支 六曜
小寒(しょうかん) 1918年1月6日(日曜日) 癸丑 仏滅
大寒(だいかん) 1918年1月21日(月曜日) 戊辰 友引
立春(りっしゅん) 1918年2月4日(月曜日) 壬午 仏滅
雨水(うすい) 1918年2月19日(火曜日) 丁酉 先負
啓蟄(けいちつ) 1918年3月6日(水曜日) 壬子 赤口
春分(しゅんぶん) 1918年3月21日(木曜日) 丁卯 仏滅
清明(せいめい) 1918年4月5日(金曜日) 壬午 先勝
穀雨(こくう) 1918年4月21日(日曜日) 戊戌 先勝
立夏(りっか) 1918年5月6日(月曜日) 癸丑 仏滅
小満(しょうまん) 1918年5月22日(水曜日) 己巳 仏滅
芒種(ぼうしゅ) 1918年6月6日(木曜日) 甲申 先勝
夏至(げし) 1918年6月22日(土曜日) 庚子 赤口
小暑(しょうしょ) 1918年7月8日(月曜日) 丙辰 赤口
大暑(たいしょ) 1918年7月24日(水曜日) 壬申 仏滅
立秋(りっしゅう) 1918年8月8日(木曜日) 丁亥 友引
処暑(しょしょ) 1918年8月24日(土曜日) 癸卯 赤口
白露(はくろ) 1918年9月8日(日曜日) 戊午 大安
秋分(しゅうぶん) 1918年9月24日(火曜日) 甲戌 先負
寒露(かんろ) 1918年10月9日(水曜日) 己丑 先勝
霜降(そうこう) 1918年10月24日(木曜日) 甲辰 仏滅
立冬(りっとう) 1918年11月8日(金曜日) 己未 友引
小雪(しょうせつ) 1918年11月23日(土曜日) 甲戌 大安
大雪(たいせつ) 1918年12月8日(日曜日) 己丑 先負
冬至(とうじ) 1918年12月23日(月曜日) 甲辰 赤口

二十四節気とは

季節の移り変わりの目安。太陰太陽暦で暦日と季節を合わせるために設けた12個の中気と12個の節気。

1年の太陽の黄道上の動きを視黄経の15度ごとに24等分して決められている。

上へ戻る

立春(りっしゅん)

春の始まりであり、1年の始まりとされる日。 立春は1918年2月4日(月曜日)です。

雨水(うすい)

空から降るものが雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる、雪解けが始まる頃。草木が芽生える頃で、農耕の準備を始める目安とされていた。 雨水は1918年2月19日(火曜日)です。

啓蟄(けいちつ)

寒さが緩んで春の陽気に土中で冬ごもりをしていた生き物たちが目覚める頃。 啓蟄は1918年3月6日(水曜日)です。

春分(しゅんぶん)

昼と夜が同じ長さになる日。 春分は1918年3月21日(木曜日)です。祝日です。

清明(せいめい)

暖かい春になることを示します。春の清らかで生き生きとした様子を表す。 清明は1918年4月5日(金曜日)です。

穀雨(こくう)

春雨が百穀を潤す。 穀雨は1918年4月21日(日曜日)です。

立夏(りっか)

1年でもっとも爽やかな季節。春分と夏至のちょうど中間。旧暦では夏の始まり。 立夏は1918年5月6日(月曜日)です。

小満(しょうまん)

万物がすくすくと生長し、天地に満ち始める頃。 小満は1918年5月22日(水曜日)です。

芒種(ぼうしゅ)

稲や麦など芒(のぎ)のある作物の種を播く時節。 芒種は1918年6月6日(木曜日)です。

夏至(げし)

日の出から日の入りまでの時間がもっとも長い日が夏至。春分や秋分の日の間になる日。 夏至は1918年6月22日(土曜日)です。

小暑(しょうしょ)

梅雨も明けて雲の隙間からの陽射しも強くなり風も熱気を帯びて夏らしく感じる季節。小暑から立秋までを「暑中」と呼びこの時期に送る葉書が「暑中見舞い」。 小暑は1918年7月8日(月曜日)です。

大暑(たいしょ)

最も夏らしく暑い時期。 大暑は1918年7月24日(水曜日)です。

立秋(りっしゅう)

夏から秋への変わり目の時期で、秋の風を感じる頃。「暑中見舞い」は「残暑見舞い」に変わる。 立秋は1918年8月8日(木曜日)です。

処暑(しょしょ)

日中は暑い日も多いが暑さが和らぎ穀物が実り始める。虫の声も聞こえ風情を感じるころ。 処暑は1918年8月24日(土曜日)です。

白露(はくろ)

白露「しらつゆ」のこと。露がこごり白く見えるという意。草木に朝露が宿りはじめる頃。 白露は1918年9月8日(日曜日)です。

秋分(しゅうぶん)

お彼岸の中日。太陽が黄経180度の秋分点を通過する日。 秋分は1918年9月24日(火曜日)です。祝日です。祝日です。

寒露(かんろ)

野草に宿る冷たい露。朝晩の冷え込みは厳しくなる。空気が澄んだ秋晴れの過ごしやすい日。 寒露は1918年10月9日(水曜日)です。

霜降(そうこう)

朝霜が見られる頃。朝晩の冷え込みが厳しい。 霜降は1918年10月24日(木曜日)です。

立冬(りっとう)

暦の上ではこの日から冬の季節。秋分と冬至のちょうど中間にある。 立冬は1918年11月8日(金曜日)です。

小雪(しょうせつ)

冬に入ったがまだ雪が少ない。 小雪は1918年11月23日(土曜日)です。

大雪(たいせつ)

平野にも降雪のある頃。 大雪は1918年12月8日(日曜日)です。

冬至(とうじ)

夏至とは反対に一年で最も昼が短かい。 冬至は1918年12月23日(月曜日)です。

小寒(しょうかん)

小寒は「寒の入り」(かんのいり)でこれから更に寒さが厳しくなる。 小寒は1918年1月6日(日曜日)です。小寒から節分までが「寒の内」。「寒中見舞い」は小寒から。1月1日の元旦から一般的には1月7日までを松の内。関西では1月15日まで。

大寒(だいかん)

大寒は冬の最後の節気。寒の内と呼ばれ一年で最も寒さの厳しい時期。 大寒は1918年1月21日(月曜日)です。

1918年大正7年の二十四節気一覧

LINE Twitter Facebook

今月のカレンダー

先月のカレンダー

来月のカレンダー

今年は何年

今日は何日

何年生まれ年齢早見表

プライバシーポリシー

祝日の一覧表

今年生まれ

卒業入学一覧表

1918年運の良い日

1918年土用の丑の日

1918年酉の市