2019年祝日

2019年01月01日(火曜日):元日

2019年01月14日(月曜日):成人の日

2019年02月11日(月曜日):建国記念の日

2019年03月21日(木曜日):春分の日

2019年04月29日(月曜日):昭和の日

2019年04月30日(火曜日):祝日

2019年05月01日(水曜日):天皇の即位の日

2019年05月02日(木曜日):祝日

2019年05月03日(金曜日):憲法記念日

2019年05月04日(土曜日):みどりの日

2019年05月05日(日曜日):こどもの日

2019年05月06日(月曜日):こどもの日 振替休日

2019年07月15日(月曜日):海の日

2019年08月11日(日曜日):山の日

2019年08月12日(月曜日):山の日 振替休日

2019年09月16日(月曜日):敬老の日

2019年09月23日(月曜日):秋分の日

2019年10月14日(月曜日):体育の日

2019年10月22日(火曜日):即位礼正殿の儀の行われる日

2019年11月03日(日曜日):文化の日

2019年11月04日(月曜日):文化の日 振替休日

2019年11月23日(土曜日):勤労感謝の日

※祝日法(国民の祝日に関する法律)前後を祝日にはさまれた日は休日となります。

国民の休日を確認してください

祝日、旗日に挟まれると休日になることにより年間のお休みは変わります。

元日1月1日

年のはじめを祝う。元日の朝を特に元旦という。

成人の日

1月の第2月曜日。ハッピーマンデー制度により1月の第2月曜日。おとなになったことを自覚しみずから生き抜こうとする青年を祝う。1948年に設けられた。その起源は蕨町の行った第一回青年祭に由来。

建国記念の日

政令で定める日元は日本国の建国の日として「紀元節」と定められ祭日。建国をしのび、国を愛する心を養う。

春分の日

春分日。自然をたたえ、生物をいつくしむ。天文観測による春分が起こる春分日が選定された。1948年までは春季皇霊祭。

昭和の日

4月29日。激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。もともとは昭和天皇・裕仁天皇の誕生日。

憲法記念日

5月3日。日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。日本国憲法の施行 (1947年5月3日) を記念する日。

みどりの日

5月4日。自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。4月 29日の昭和天皇誕生日がみどりの日に制定されみどりの日は5月4日に変更。

こどもの日

5月5日。こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。5月5日は古来から端午の節句として男子の健やかな成長を願う行事が行われていた。

海の日

7月の第3月曜日。海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。1996年(平成8年)から施行された。ハッピーマンデー制度)により、7月の第3月曜日。

山の日

8月11日。山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。2016年(平成28年)1月1日施行。

敬老の日

9月の第3月曜日。多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。

秋分の日

秋分日。祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。 1948年までは秋季皇霊祭。

体育の日

10月の第2月曜日。スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。制定時は10月10日。東京オリンピック競技大会の開会日を記念して定められた。

文化の日

11月3日。自由と平和を愛し、文化をすすめる。日本国憲法が公布されたことに由来。

勤労感謝の日

11月23日。勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。元々は旧新嘗祭 (にいなめさい) 。

今年は何年

プライバシーポリシー