「2022年・令和4年」の天皇誕生日はいつ?

「2022年・令和4年」の寅年(とらどし)の天皇誕生日のです。今年の天皇誕生日カレンダー付き。

「2022年・令和4年」の天皇誕生日

祝日 日付
天皇誕生日 2022年2月23日(水曜日)
  1. 天皇誕生日とは
  2. 天皇誕生日の由来
  3. 2022年令和4年の天皇誕生日は何日前?
  4. 天皇誕生日2022年以降の一覧表
  5. 天皇誕生日2022年過去一覧
  6. 平成天皇の誕生日が祝日ではない理由
  7. 天皇誕生日カレンダー
TOPへ戻る

天皇誕生日とは

「天皇誕生日(てんのうたんじょうび)」は「天皇の誕生日を祝う」。旧称が天長節。令和2年、2020年より始まる。天皇誕生日は、今上天皇「令和天皇」の誕生日。令和4年の今年の天皇誕生日2022年2月23日(水曜日)丁未(大安)です。

「2022年・令和4年」の天皇誕生日

天皇誕生日の由来

大臣や各界代表者を招いての宴会や各国の外交使節団の長を招いての茶会などが行われます。祝賀をする「一般参賀」も行われる。明治天皇の誕生日は「文化の日」。昭和天皇の誕生日は「昭和の日」。大正天皇の誕生日は8月31日だが、祝日としては定められておらず平日。大正天皇の誕生日は祝日としては残っていない。明治天皇が崩御直後だったこと、大正時代は15年で短いこと、運動がなかったこと、大正天皇が業績を残せなかったことなどが考えられる。

大正時代は「天長節」に関する休日が2回あった。大正天皇の誕生日である8月31日はお誕生日としてのお祝で、10月31日を「お誕生日祝いする会の日」としてお祝いした。どちらも休みとなった。大正天皇が8月には皇居(東京)に不在なため祝賀会ができなかつた。(夏場のため)

平成天皇の誕生日が祝日ではない理由

「平成天皇」(現上皇陛下)が存命中なので12月23日を祝日にする議論は好ましくないため、祝日とはされていない。

2020年に平成天皇の誕生日に代わり、今の天皇誕生日となりました。

2022年令和4年の天皇誕生日は何日前?

2022年令和4年の天皇誕生日は何日?日数で218日前0年7ヶ月6日前の2022年2月23日(水曜日)です。

2022年2月の天皇誕生日カレンダー

1 先勝 2 友引 3 先負 4 仏滅5 大安
6 赤口 7 先勝 8 友引 9 先負 10 仏滅 11 大安12 赤口
13 先勝 14 友引 15 先負 16 仏滅 17 大安 18 赤口19 先勝
20 友引 21 先負 22 仏滅 23 大安 24 赤口 25 先勝26 友引
27 先負 28 仏滅

2022-02-11(金曜日)建国記念の日

2022-02-23(水曜日)天皇誕生日

天皇誕生日2022年以降の一覧表

祝日 日付
2022年の天皇誕生日 2022年2月23日(水曜日)
2023年の天皇誕生日 2023年2月23日(木)
2024年の天皇誕生日 2024年2月23日(金)
2025年の天皇誕生日 2025年2月23日()
2026年の天皇誕生日 2026年2月23日(月)
2027年の天皇誕生日 2027年2月23日(火)

天皇誕生日2022年より前の過去一覧

祝日 日付
2022年の天皇誕生日 2022年2月23日(水曜日)
2021年の天皇誕生日 2021年2月23日(火)
2020年の天皇誕生日 2020年2月23日()
2019年の天皇誕生日
2018年の天皇誕生日
2017年の天皇誕生日

LINE Twitter Facebook